備前の里歩こう会

 

備前の里歩こう会について

備前の里歩こう会について
 
〔備前の里歩こう会〕は、伊奈・上尾を拠点として活動するウォーキング団体です。
会の名称〔備前の里歩こう会〕は、郷土の偉人、伊奈備前守忠次公より戴きました。
 
伊奈氏は、現在の長野県にあたる信濃国伊奈(伊那)より発したといわれております。伊奈忠次公は、天正10年(1582)本能寺の変より徳川家康に仕え、その後頭角を表し、天正18年(1590)徳川家康が江戸に入国のおり、現在の伊奈町小室と鴻巣に13000石を賜り、小室丸山に陣屋をかまえました。
 
代官頭(後の関東郡代)として、関東を主とした広い地域の治水、新田開発、街道整備、検地等の基盤基準において多大な功績を遺した方です。
 
また、100万石といわれた幕府の天領(直轄地)の管理も行い、慶長5年(1600)頃従五位以下備前守となりました。以降、伊奈氏は、約200年にわたり関東郡代を務め、元禄5年(1692)から正徳5年(1715)までは飛騨郡代を兼務し、徳川幕府の財政基盤を支えました。

荒川、利根川、小貝川、鬼怒川、江戸川、玉川上水、見沼代用水、千波湖等の治水整備等数多くの事業にかかわり、今も、備前堤、備前堀川、備前堀、備前渠、伊奈神社等、伊奈氏一族を称える名称が関東地方を中心に数多く残されています。
   
風にさそわれて  藤の玉敷神社へ  (171回)

鴻巣駅より田んぼの中をのんびりと歩きます。    久伊豆神社の総本社「玉敷神社」  今年も見事な藤の花が楽しみです

 
  実 施 日 5月7日(日)(小雨決行) 
  時   間 8:50集合 9:00出発
  集合 場所 JR鴻巣駅
  コ ー ス 鴻巣駅→勝願寺→上谷総合公園→種足ふれあいの森
→玉敷神社(昼食)→ 騎西城→加須駅(ゴール)
   
高崎線いいとこ歩き② 深谷が育んだ明治の偉人 渋沢栄一   (第172回)

深谷といえば渋沢栄一 ネギと米の大産地です

渋沢栄一の興したレンガ工場  伊奈忠次が作った「備前渠用水」県北部の発展に大きく貢献しました

 
  実 施 日 5月20日(土)(小雨決行) 
  時   間 8:50集合  9:00出発
  集合場所 JR深谷駅
  コ ー ス 深谷駅→深谷城址公園→あかね通り→プレートガーター橋→誠之堂・清風亭→備前渠改閘碑記→渋沢栄一記念館→旧渋沢邸「中の家」(昼食)→立岩寺→道の駅「おかべ」→岡部駅(ゴール)
約14Km 15:00予定 (昼食必要)
 

諸注意事項

諸注意事項
 
楽しく歩きましょう 
健康 親睦 足元 再発見がテーマです
 
■参加資格:健康で歩ける方 地域、年齢は問いません(軽食・飲物・雨具等持参、交通費等各自負担)
■参加費:300円(当日受付) 子ども 100円(当日受付)
■免責範囲:万一事故が発生した場合は、保険に加入している範囲及び応急処置以外責任を負いません。
■問い合わせ:備前の里歩こう会 ☎080-3257-2350 担当:飽津
 

次回ウォーキング予定

次回ウォーキング予定
 

  

5月の予定

5 7(日)

風にさそわれて 藤の玉敷神社へ

鴻巣駅より田んぼの中をのんびりと歩きます。久伊豆神社の総本社「玉敷神社」。

今年も見事な藤の花に大いに賑わいます。   約15Km   鴻巣駅  9:00

520()

高崎線いいとこ歩き②   深谷が育んだ明治の偉人 渋沢栄一

深谷といえば、渋沢栄一とネギと米の産地です。渋沢栄一の興したレンガ工場

・伊奈忠次が作った「備前渠用水」県北地区の発展に大きく貢献しております。

                              約14Km   深谷駅   9:00

 

6月 4 日()  バスハイク 戦国の夢を馳せた 信玄棒道                 別  途

           (予約制です 3月18日例会より受付開始)

6月24日(土) 高崎線いいとこ歩き③ 埼玉の日光 聖天山歓喜院聖天堂

                                   籠原駅  9:00 

78日(土) 高崎線いいとこ歩き④ 雑木林のある町 自然いっぱい北本

                                   北本駅 9:00

722日(土) お菓子の工場グリコピアイースト見学

                                   北本駅 9:00

         (工場見学は予約制のため、変更になる場合があります)

                     

 参加状況

2 5() 圏央道インターとべに花ふるさと館

                 曇り   9.4℃ 83

225() 宇都宮線いいとこ歩き⑩ 水辺に憩い水に親しむ

                 晴  12.1℃ 82

  

5月のおすすめコース

埼玉県ウオーキング協会  52728日(土・日) 飯能新緑ツーデーマーチ

27日 吾野駅 飯能市役所 28日 名栗 飯能市役所 参加費1500(事前予約)  

JR駅からハイキング 51221日 高輪歴史探訪~坂と寺社を訪ねて

            9:4511:15  9.5Km 参加費無料   

 

〔備前の里歩こう会〕は、伊奈・上尾を拠点として活動するウオーキング団体です。

会の名称〔備前の里歩こう会〕は、郷土の偉人、伊奈備前守忠次公より戴きました。

伊奈氏は、信濃国伊奈(伊那)より発したと言われております。伊奈忠次公は、天正10年(1582)本能寺の変より徳川家康に仕え、その後頭角を表し、天正18年(1590)徳川家康が江戸に入国のおり、現在の伊奈町小室と鴻巣に13000石を賜り、小室丸山に陣屋をかまえました。代官頭(後の関東郡代)として、関東を主とした広い地域の治水、新田開発、街道整備、検地等の基盤整備において多大な功績を遺した方です。また、100万石といわれた幕府の天領(直轄地)の管理も行い、慶長5年(1600)頃従五位下備前守となりました。以降、伊奈氏は、約200年にわたり関東郡代を務め、元禄5年(1692)から正徳5年(1715)までは飛騨郡代を兼務し、徳川幕府の財政基盤を支えました。

 伊奈氏の家系は、荒川、利根川、小貝川、鬼怒川、江戸川、玉川上水、見沼代用水、千波湖等の治水整備等数多くの事業にかかわり、今も、備前堤、備前堀川、備前堀、備前渠、代官堀、伊奈神社等、伊奈氏一族を称える名称が関東地方を中心に数多く残されています。

 

 

  

<<伊奈町観光協会>> 〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室9454-1 TEL:048-724-1055 FAX:048-724-1056