生酒・純米酒

   
伊奈町観光協会では、伊奈町の町名の由来となった郷土の偉人 伊奈備前守忠次公の顕彰活動の一環として、神亀酒造(蓮田市)のご協力により、平成24年12月に「生酒 伊奈備前守忠次」を、平成25年10月に「純米酒 伊奈備前守忠次」をそれぞれ発売しました。

掛け米には、伊奈氏が開墾した綾瀬川流域の伊奈町産「彩のかがやき」を使用しています。
以降、毎年、収穫された新米を使って醸造しています。
 

純米酒

純米酒
 
 
純米酒「伊奈備前守忠次」
 
720ml
 
〇さっぱりしていて辛口です。
〇生酒に比べ、味に深みがあります。
〇お燗にしても、美味しく飲めます。
 
 製造 神亀酒造株式会社
 
※下記販売店にてお買い求めください。
※在庫状況、配送の可否については下記販売店に直接お問い合わせください。
 
 
 
 
 

生酒

生酒
 
 
生酒「伊奈備前守忠次」
 
720ml
 
〇まろやかで辛口です。
〇出来立てそのままのフレッシュな味わい
〇純米酒に比べ、清涼感があり、すっきりした飲み口
〇冷か常温がおすすめです
 
 製造 神亀酒造株式会社
 
※下記店舗にてお買い求めください。
※在庫状況、配送の可否については下記販売店に直接お問い合わせください。
 
 
 
 
 
 

 「忠次(純米酒)・忠政(生酒)・忠治(おりがらみ)」 3本セット

 「忠次(純米酒)・忠政(生酒)・忠治(おりがらみ)」 3本セット
 
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
¦年末年始のご贈答用におすすめ!
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
 
伊奈氏三代「忠次(純米酒)」、「忠政(生酒)」、「忠治(おりがらみ)の3本セット(各300ml)です。
 
☆生 酒☆
 
〇まろやかで辛口です。
〇出来立てそのままのフレッシュな味わい
〇純米酒に比べ、清涼感があり、すっきりした飲み口
〇冷か常温がおすすめです
 
☆純米酒☆
 
〇さっぱりしていて辛口です。
〇生酒に比べ、味に深みがあります。
〇お燗にしても、美味しく飲めます。
 
☆おりがらみ☆
 
〇とろり辛口、、旨味のある辛口
〇2~3か月を目安に早めに飲むのがおすすめです。
〇”おり”が絡んでいるのでトロリとした濃厚な飲み口。
〇冷か常温がおすすめです。
 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
※おりがらみとはうっすらと濁っているお酒の事です。       
お米の旨味を強く感じられることが大きな特徴。除かれてしまう   
「おり」には、お米や酵母が含まれているため、コクの味をより強く感
じる事ができます。                       
 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
 
 製造 神亀酒造株式会社
 
※下記販売店にてお買い求めください。
※在庫状況、配送の可否については下記販売店に直接お問い合わせください。
 
 

伊奈氏三代とは

伊奈氏三代とは
 

通常の伊奈氏は上記のように清和源氏満快流または、足利氏の支流である吉良氏とも戸崎氏の分家ともいわれ、初め荒川氏を称していたが、荒川詮頼の曾孫荒川易氏(やすうじ)のときに将軍足利義尚から信濃国伊那郡の一部を与えられ、易氏の孫の易次(やすつぐ)の代に伊奈熊蔵と号したといわれる。

その易次は叔父の易正(やすまさ)との所領争いに敗れて居城を奪われたため、三河国に移り松平氏の家臣となり、その子伊奈忠基(ただもと)は松平広忠徳川家康父子に仕えて三河国小島城(現在の愛知県西尾市)を居城としたという。

忠基の嫡男伊奈貞政(さだまさ)の系統は伊奈昭綱のときに断絶した。もう一人の子の伊奈忠家(ただいえ)の系統は伊奈忠次が徳川家康に仕え、家康の関東入国に従って代官頭(関東郡代の前身)となり、徳川氏の関東領国支配の中心的役割を担った。忠次はその後譜代大名として武蔵小室藩の初代藩主となり、長男の伊奈忠政が2代藩主となったが、3代伊奈忠勝の代で無嗣除封となった。忠次の次男伊奈忠治の系統は旗本となり関東郡代を世襲した。【 Wikipedia 引用 】

   
販売店 電話番号
いな物産館 048-722-2619
ヤマザキショップ内田屋 048-721-1095
セブンイレブン大針店 048-723-4752
埼玉屋酒店048-722-6448
<<一般社団法人伊奈町観光協会>> 〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室9454-1 TEL:048-724-1055 FAX:048-724-1056